2018年2月20日火曜日

無頼派作家 阿佐田哲也が遺した食レポのような作品・書評「三博四食五眠」 阿佐田哲也 幻戯書房


直木賞受賞の人気作家が書いた作品らしくない


初めに断っておきたいのですが、この作品がもし無名の作者によって書かれたものであれば、書評としてここで取り上げることはなかったでしょう。

なぜなら取り上げる価値がある良い作品とは思えないからです。

ではなぜ取り上げたからと言えば、直木賞を受賞し、人々によくその名を知られた人気作家の作品でありながら

あまりにもそれらしくないギャップがある作品で、その点が珍しいからです。

超ユニークなタイトルについて


まずこの本の中国語のようなユニークなタイトルですが、これはいったい何を意味するのでしょうか。

ひょっとして六字熟語かと思い、調べてみましたが、それらしきものを見つけることができず、どうやらそれではないようです。

表紙ではタイトルが二文字づつ縦書きされていますから、今度はそれを調べてみました。

でも三博,四食、五眠のいずれも、辞書を調べても答えは出てきません。いったいどんな意味なのでしょうか。今度は文字を分解して調べてみました。

まず三博について博の意味を調べてみましょう。

この場合「博」はバクと読み、かけ事を意味します。博徒、賭博、博才などの言葉を見ればそれがよくわかるはずです。

これが分かれば、著者の属性から類推すれば、後の四食、五眠は容易に理解できます。

つまり、一日に三度博打をして、食事を四回して、それを上回る五度も寝る、というような意味なのです。要は著者の日常生活を指しているのです。

なお著者が人一倍よく寝るのは、ナルコレプシーという「すぐに眠たくなる」やっかいな病気を抱えているからです。

この本はよく食べ良く寝て、ばくちに明け暮れる著者の日常を描いたものですが、三つの中でも最もウエートを置いて書いているのは「食べること」です。

したがってこの本は、今は懐かしい古き時代の「食レポ」と言ってもいいかもしれません。


阿佐田哲也 ペンネームの由来


阿佐田哲也のペンネームはよく面白ペンネームとしても取り上げられていることがあります。

どうしてついたのか、その由来がおもしろいからです。

代表作が「麻雀放浪記」であるように、この著者は無類のマージャン好きです。

その麻雀はしばしば徹夜をするぐらいです。ペンネームはここからきています。つまりマージャンで徹夜して朝だ。となるのです。


極めつけの悪文だが捨てがたい味がある


正直言ってこの作品は悪文だらけです。これが直木賞も受賞したあの大作家の文章だろうか?と初めから終わりまで疑問を感じながら読みました。

文章が下手で意味が分かりにくい箇所があまりにも多いのです。

でも捨てきれないのは、そこはかとなく人間味が溢れており、何とも言えない味があるからです。

悪文とは言葉の並びが悪かったり、意味不明の言葉があったり、言葉の誤用が多かったりするような文章です。

それだけでなく、辞書のどこを調べても出てこないような、著者が勝手につくったと思われる造語らしき言葉がしばしば出てくるのにも閉口します。

それに著者の偏った考えを堂々と主張していることが多いことも感心できません。

例を挙げればきりがありませんから、一つだけ挙げてみると次のような文章があります。

銀座や六本木には割に名の通った小上品な店があることは知っているが、焼き鳥というやつは、やはり何年も風呂に入らないような親爺が、炭の灰だらけになって焼いているような店でなければ面白くない≫ 120ページ4~6

30年近く前に亡くなった作家の作品がなぜいま出るのか?


それにしても30年近く前に亡くなった人の作品が何故今頃になって本として初めて出版されたのでしょうか。

これはあくまで推測ですが、いかに大作家が書いた作品とは言え、小説と違ってエッセイには書いた人の教養や知識が文章にモロに出るため

草稿を見た編集者が悪文だらけのこの作品の出来具合の悪さを認め、それ故に、著者の名誉のためにもと、これまで出版を控えてきたのではないでしょうか。

そうした作品が今回蛮勇をふるった一出版社によって世に出されたのです。

この作品ではありませんが、著者のある作品に対する読者の書評に次のよう文があります。


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文体は無骨である。いわゆる文学的な洗練さは、どこにもない。
いままでに文章をほとんど書いたことがない中年の男が、生まれてはじめて本当の気持ちを書こうとすると、こういった文体になるだろうと感じさせる。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2018年2月16日金曜日

あのホテルが懐かしい ! ・ 今は無き大阪の3つの名ホテル


私が勤務した内外5つのホテルとは


これまでにもこのブログに何度か書いてきましたが、わたしは20代から40代にかけて約25年間ホテルマンとして仕事をしてきました。

その間転勤や転職もあって、関わったホテルは海外も含めて全部で5つあります。

しかし成長期にあったホテル業界の変化は激しく、5つのうち現在残っているのは2つだけで、3つのホテルは消滅してしまいました。

消えた3つのホテルは、いずれも関西では評判の高い屈指の名ホテルで、今でも往時を懐かしむ気持ちが強いのは決してわたしだけではないでしょう。

勤務したホテル5つを順番に並べてみますと、新大阪ホテル、大阪グランホテル、大阪ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)、ホテルプラザ、スタットラーヒルトンホテル(NY)となります。

これらのホテルのうち前3つはホテルマン時代の前半に、後の二つは後半に勤務しました。

五つのうち現在残っているのは、リーガロイヤルホテルとスタットラーヒルトンから名前が変わったホテルペンシルバニアの2つだけです。

前述のように新大阪ホテル、大阪グランドホテル、ホテルプラザの3つは廃業し建物も解体され今では姿を消しています。

3つのホテルはなぜ消えてしまったのか


勤務した5つのホテルのうち3つのホテルが消えてしまったのは何としても残念なことです。

いずれも当時は名実とも大阪を代表する高級ホテルでしたが、ホテル急成長期にあったことで、新旧ホテルの競争は激しく、新しくできたホテルにその座を奪われ撤退を余儀なくされたのです。

ここではそれら3つがどんなホテルであったかをご紹介することにします。

新大阪ホテルは日本屈指の歴史を持つ大阪の名門ホテル


新大阪ホテルは「大阪に賓客のための近代的ホテルを」という関西財界のスローガンをもとに昭和10年(1935年)大阪中之島に誕生しました。

開業以来、国賓・皇室をはじめ国内外のお客様をお迎えする、西日本一のホテルとしての地位を固めました。

このホテルは米国の建築家ライト氏が設計した帝国ホテル(旧館)の外観や様式をまねて建てられたものです。

営業終了に当たっては、その格調ある建物を保存するか、それとも取り壊すかが、有識者も交えて議論されましたが、結局取り壊すことになり、その後できた系列の大阪ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)がその伝統を引き継ぎました。

私は研修で数ヶ月間このホテルで働いたことのありますが、天井の高い建物内部の格調ある雰囲気や、まるで迷路のように入り組んだ地下スペースなどを今でもよく覚えています。

大阪グランドホテルには若かりし頃の作家・森村誠一が勤め
ていた


大阪グランドホテルは、新大阪ホテル傘下のホテルとして1958年(昭和33年)に同じく大阪中之島に開業しました。

大阪グランドホテルがあった場所は、水の都大阪を象徴する土佐堀川にかかる渡辺橋のたもとです。

大阪のビジネス街の中心に位置するだけに、近隣には朝日新聞社、電通、三井物産など有名企業がひしめいていました。

また同じビル内にフェスティバルホールが併設されており、公演がある時は出演者や観客にも親しまれたホテルでした。

また大阪で最も外国人客の多いホテルとして知られていました。

このホテルでは20代の半分以上の期間勤務しました。勤務期間が長かったことと、ホテルマンとして最初に働いた職場であることもあって、5つのホテルの中で最も印象深いホテルです。

このホテルにはもう一つ特筆しておきたいことがあります。それは、かの有名な推理小説作家である森村誠一氏が、若かりし頃このホテルに勤めていたことです。

まだ作家になる前でしたが、氏はこのホテルのフロントオフィスに勤務していたのです。

大阪グランドホテルを退職してからは東京へ移り、都市センターホテルやホテルニューオータニで勤務しています。

その後ホテルマンの職を辞し、作家になってからはホテルでの経験を生かし、「高層の死角」という江戸川乱歩賞を受賞した小説を生み出しています。

大阪グランドホテルは建物、設備とも老朽化したこともあって、2009年に 同地に新たな朝日新聞社のビルが建設されるのを機に50年以上の営業にピリオドを打ち閉館になりました。

ホテルプラザは異業種の朝日放送がつくったハイランクなホテル


ホテルプラザの特質は、なんといっても朝日放送という異業種の会社がホテル業界に進出して造ったという点です。

しかも並みのホテルではなく、大阪の迎賓館と言われるほどの最高級ホテルとして、当時大阪ナンバーワンであった大阪ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)をライバルとして強く意識して運営されました。

このホテルの経営陣がまたすばらしく、最初の社長には元住友銀行頭取の鈴木剛氏が就任しています。

しかし親会社の朝日放送の影響を受け、同業他社に比べ人件費が高く、それが経営の足を大きく引っ張り、経営の重荷になって、1999年に惜しまれつつ廃業となりました。

私は大阪万博開業1年前の1969年に大阪ロイヤルホテルからこのホテルの転職し、その後研修のためにNYのスタットラーヒルトンへ向かいましたが、帰国後に復職し、その後10年ほど勤務しています。



2018年2月13日火曜日

嘘つきでなければ小説家になれないのか ・ 小説家はみな嘘つきなのか


君は嘘つきだから小説家にでもなればいい


上の見出しは作家・浅田次郎のエッセイ集(写真右)のタイトルです。

嘘つきといえば人々が真っ先に連想するのは詐欺師なのでしょうが、ここでは小説家と言っているところが味噌です。

つまり嘘つきイコール小説家と言っていることになります。

浅田氏は数々のエッセイを書いていますが、作品の中で自分のことを嘘つき呼ばわりしていることが幾度となくあります。

まるで嘘つきであることを誇らしく思っているようにも感じます。

でも氏が言わんとする事はよくわかります。つまり、嘘つきだからこそ、次々とテーマを見つけ新しい小説を生み出すことができるのであって

そうでなければこれほど多くの作品を書くことができない、と暗に言っているのです。


小説は嘘と想像力によるフィクション


小説はフィクションです。したがって書いている内容のほとんどは作りごとです。この作りごとのために嘘が必要になるのです。

なぜなら小説家が自分の体験を元にした小説しか書けないとしたら、生み出せる作品はたかが知れているからです。

恐らく、多くても数冊書いたら終りになるでしょう。

でもこれでは小説家として生計を立てていくことはできません。

もちろん売り上げ何十万冊というべストセラーでも出せば一挙に数千万円ぐらいは稼ぐことができますが、そんなことは万に一つもありません。

たいていは1刷りだけの2~3万冊で終わりになります。

これだと印税は200300万円程度ですからサラリーマンの1年間の年収にも満たないほどです。

したがってサラリーマン並みの普通の生活を送るためには、少なくても1年に2冊以上をコンスタントに書いていかなければならないのです。

これを達成するためには自分の体験だけを題材にしていてはとうてい無理です。

そこで必要になるのが嘘つきの才能なのです。つまり虚構による小説のテーマを創り出す力です。

良くも悪くも小説とは嘘と想像力の産物の他の何物でもないのです。

自分の体験だけでは継続して小説を生み出すことはできない


小説家と登竜門としてよく知られているのが芥川賞と直木賞です。

いま活躍している小説家の多くがこのどちらかの受賞者です。

ではこの賞を取った作家の数はどれぐらいなのでしょうか。

これまでの芥川、直木賞の受賞者は優に300名を超えます。これほど数が多いと名前も覚えきれません。

もちろん受賞後に人気作品を多く出している人なら、その限りではありませんが、そうした人はごく一握りしかいません。

残りはどうなのかと言えば、受賞後の作品が続かず、名前すら忘れられてしまう人たちが大半を占めるのです。

でも栄えある芥川、直木賞を受賞した才能ある小説家なのに、何故作品が続かないのでしょうか。

小説を書く才能があっても、嘘がつく才能がなければ長続きしない


大方の作家は処女作とも言われる最初の作品では自分の体験をテーマにしています。なぜならそれが最も小説が書きやすい方法だからです。

でも作家も人の子ですから体験が無尽蔵にあるわけではありません。

ということは小説にするテーマは遅かれ早かれ尽きてしまいます。となると他でテーマを見つけなければなりません。

このとき必要になるのが嘘つきの才能です。

しかし、いかに芥川、直木賞を受賞した有能な作家だとはいえ、皆が嘘つきの才能を持っているわけではありません。

というより、持っているのは少数派と言った方が良いでしょう。

ということは作家と言えども、この才能を持っている人は少ないのです。

せっかく立派な賞を受賞したのに、後の作品が続かない小説家が多いのはのはそのためなのです。

そのせいでせっかくの受賞を生かせず、あえなく小説家からの脱落を余儀なくされるのです。

嘘つきの上手な小説家だけが生き残ることができる


嘘つきを自認する浅田次郎は超売れっ子作家です。

こうなれたのはストーリーテラーとして優秀であるだけでなく、無類の嘘つきだからです。

浅田氏だけではありません。はるか昔に芥川賞か直木賞を受賞して、今も売れる作品を書き続けている作家は、皆、嘘つき上手な人ばかりなのです。

これから作家を目指す人は、この点を深く心に刻んでおく必要があります。

2018年2月11日日曜日

在宅ライターでどれぐらい稼げるのか?


在宅ライター募集のネット広告がやたらに多いが


ニュース系のウェブサイトを見ていると、求人広告がやたら目につきます。

その求人で特に目立つのが在宅ライターの募集です。

在宅ライター募集、つまり自宅で記事を書く人を募っているのです。

でもこうした募集が何故いま多いのでしょうか。

それはインターネットの普及で、企業がネットサイトに自社のホームページを持つようになったからです。

ホームページを持った以上見てもらわなければ意味がありません。

そのためにはアクセスを増やさなければなりませんから、ホームページを魅力的ものにしようと、サイトの更新に心がけるようになります。

サイトを更新するには新しい記事が必要になります。それもスケールメリットを狙えば、できるだけ多くの記事が必要です。

これはコンテンツマーケティングという営業戦略に基づいたものですが、これが企業をライター募集に駆り立てているのです。

でもその内情は、あまり褒められたものではありません。


NHKクローズアップ現代も取り上げた ・ 時給96円!という在宅ライターの驚くべき低賃金


20172月に放送されたNHKクローズアップ現代に取りあげられたのは在宅ライターのアルバイトをしていた関西に住む40代の女性の話です。

育児と両立ができず、勤務していた医療施設を退職して自宅でライターの内職を始めました。

最初にやったのは、記事執筆仲介サイトが紹介してくれた医療や福祉に関する記事の仕事でした。

報酬は1200文字で600円、つまり1文字につき0.5円ということになります。

でも実際にもらった賃金は仲介料が引かれており、480円でしかありませんでした。

始める前は1記事に2時間ほどかければできる、と思っていたのですが、実際には事実確認などの調べごとに思った以上の時間がかかり、完成まで5時間もかかってしまいました。

これだと時間給換算では96円にしかなりません。

これは内職の手仕事並みの低賃金で、記事のライターが聞いてあきれます。


時給96円だと10万円稼ぐのにどれくらいかかるか?


ではこうした在宅ライターで普通のパート並みの賃金を稼ぐには、どれくらいの日数がかかるのでしょうか。

仮に10万円を稼ぐために必要な日数を見てみましょう。

在宅ワークの主婦は家事があるためそれほど多くの時間は取れません。とは言え、あまりにも短いと話になりませんから、ここでは15時間、実働日数家事があるため25日として計算してみましょう。

1日の賃金⇒480

1ヶ月の賃金⇒12,000

8ヶ月の賃金⇒96,000



これでお分かりのように、普通のアルバイト並みの1ヶ月の賃金100,000円程度を在宅ライターで稼ぐには、約8か月もの期間が必要になるのです。


ライターが低賃金なのは仲介業者の高い手数料のせい


どの仕事にも仲介業者がいるのが普通ですが、ライターも例外ではありません。

この業界にも大手のランサーズ、クラウドワークスなどをはじめとして、中小を含めれば20社以上あるのではないでしょうか。

こうした業者はライターからの手数料が主たる収入になっています。

その手数料の割合がどのくらいかと言いますと、ランサーズやクラウドワークスなどの大手が20%です。

つまりクライアントから1記事(2000文字程度)1000円で引き受けたものを800円でライターへ下請けに出すのです。

ライターがこれを1時間で仕上げることができれば時間給は800円になりますが、ほとんどの人はそれは無理です。

タイピングの速度や知識にもよりますが、普通の人だと3時間以上はかかってしまいます。

ということは時間給換算では260円~程度になってしまうのです。


これほど賃金が安いと良質の記事は望めない


昨年(2017年)のことですが、誰でも知っている大手IT企業「DeNa」の運営するウェブサイトの質の悪い記事が問題になりました。

DeNaも大手仲介業者を使って記事を集めていました。

ということは、上述のような安い賃金しか払っていなかったでしょうから、当然良いライターは集まりません。

その結果、質の低い記事ばかりがサイトに載ることになったのです。

これではサイト元のクライアントはたまったものではありません。

当然クレームとしてサイト運営者であるDeNaのもとに集まります。

かくして質の悪い記事を提供したとしてDeNaに非難が集まったのです。

これについてはこのブログに載せた詳しい記事がありますから下記のURLをご覧ください


「起こるべきして起きたDeNaまとめサイト問題」
http://tuneoo.blogspot.jp/2017/03/dena.html

2018年2月9日金曜日

これは知らなかった! ・ おでんには東京と大阪で大きな違いがある


東京と大阪の食べ物には違いがあるのか


何かにつけて比べられる東京と大阪ですが、その一つに食べ物についての比較があります。

例えば味付けについて、東京は濃くて大阪は薄い、という点が挙げられています。

でも最近は減塩ブームで全般的に薄味になっていますから、ひと昔前に比べるとその差は縮まっているのではないでしょうか。

そんなこともあって、今では東京も大阪も食べ物にはそれほど差はないのでは、と思っていました。

ところが、最近になってそんな考えを大きく修正しなければいけないことがありました。

それは作家浅田次郎氏が書いたある食品に関するエッセイを読んだからです。


作家・浅田次郎は大阪のおでんに ちくわぶ が入っていないことの気が付いた


作家・浅田次郎氏が自著のエッセイ集「パリわずらい江戸わずらい」で書いていたことです。

東京ではおでんの具として必ず入っているちくわぶなのに、大阪のタクシー運転手に「そんな名前のもの聴いたこともない」と言われびっくりします。

おかしいと思ってさっそくコンビニのおでん売り場に行ってみたところ、あんのじょう ちくわぶ は入っておらず

店員さんに「ちくわぶはないのですか」と訊くと、「ちくわぶって何のことですか?」と逆に問い返され、すっかり驚いてしまったのです。

氏はその後も大阪のあちこちでいろいろ調べた結果、大阪のおでんにはちくわぶが入っていない、と結論付けたのです。

ちくわぶとは何か?

ではちくわぶとはいったい何なのでしょうか? わたし自身もこれまで見たことも聞いたっこともありません。とすればグーグルで調べてみるしかありません。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  

ちくわぶとは

ちくわぶ(竹輪麩)は、小麦粉をこねたものを茹であげた麩である。
東京(関東)ローカルの食材で、全国的には「ちくわぶ」という存在すら知らない人がいる。

近年はテレビなどで取り上げられて知名度が上がり、全国チェーンの大手スーパーなどで真空パックの製品が取り扱われている。

だが現在でも首都圏以外ではほとんど見かけることがなく、全国的には現物を見たことすらない人がほとんどである。  
                     
 ウィキペディアより

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いかがでしょうか。ちくわぶのことが理解できたでしょうか。

上の説明の通り、おそらく関東以外の方は私と同じように初めて耳にする方が多いのではないでしょうか。

なにぶん見たことも聞いたこともないのですから、上の写真を見てもイメージがピンと浮かぶことはないでしょう。

ところで本日のテーマである東京と大阪のおでんの違いについてですが、このこのちくわぶが、大きく関わっているのです。


東京のおでんには必ず入っているちくわぶが大阪では入っ

ていない


大阪のおでん





東京のおでん





ズバリ、東京と大阪のおでんの違いを言えば、東京のおでんには必ず入っているちくわぶが、大阪のおでんには入っていないことです。

上に並べたのは東京と大阪のおでんの写真です。東京のおでんの手前に映っている白くて長い2本のものがちくわぶです。

一方大阪のおでんの写真には、ちくわこそ手前に大きく映っていますが、ちくわぶなるものはどこを探しても見当たりません。

それもそうでしょう。大阪ではおでんの具になるどころか、ちくわぶの名前すら知られていないのです。

おでんは私たちにとってすごくポピュラーな食べ物なのですが、東京と大阪でこれほど大きな違いがあるとは驚き以外の何物でもありません。