2010年12月5日日曜日

本当に低いのか?・日本人の精神年齢

精神年齢測定
マッカーサーが終戦当時の日本人を指して精神年齢は「12歳」と言ったそうだが、あれから60年以上たった現在でもはたしてそうした傾向はあるのだろうか。

残念ながら今でも一般的に日本人の精神年齢は欧米諸国に比べてかなり遅れているのは事実だと言われている。

例えばアメリカと比較してみるとその遅れは、なんと10歳から15歳に及ぶという説さえある。

これはまさに「大人と子供の差」と言ってもいいくらいの差ではないか。

こんなふうに言うと、「そんな馬鹿なことはない、昔ならいざ知らず諸外国に比べて教育水準も高く、ましてやて経済大国になって欧米の大国と肩を並べ「先進七カ国」にも入っている日本が、今では決してそうであるはずはない。

もし差があるにしてもそれは微々たるもので、一昔に比べてかなり縮まっているはずである」

などと言う声がどこかから聞こえてきそうである。

しかしそんな声には申し訳ないが、今でもかなり遅れているのは事実であるようなのである。

20代終わりから30代はじめにかけてアメリカ在住を経験して、一年以上の間外国人ばかりの職場で働いたことのある私には、現地で体験した生活の実感からもよく分かるのである。

折に触れて例に挙げているが、21歳の女性である職場の同僚ミス・スーザンが朝の挨拶で「How is your sexlife?」と、臆面もなく当時かなり歳上の私に問い掛けてきたことなども、欧米人の精神年齢の進んでいる一つのいい例である。

その彼女、当時29歳の私などよりむしろ精神年齢においてはうんと上位にいたのではないだろうか。

もっとも私の方にも問題があったのかもしれないが。

もちろん日本人も終戦当時などに比べると大きく成長してきているには違いない。

でも、最も進んでいると言われるフランス人やアメリカ人の精神年齢に追いついて、もはやその差はほとんどなくなったというような状態では決してないのではあるまいか。

それはなぜなのだろうか?

教育レベルは他の先進国と比べても遜色ないし、生活水準にしてもこのところ随分上がってきているはずなのに・・・と首を傾げたくなる気持ちもよくわかる。

でも疑問を解くためにはこうした観点に立って考えてみるだけでは答えは出ないようである。

これに関してインターネットなどを眺めててみるといろいろな意見があるようだ。

・ 宗教心がないから道徳観や倫理観を育めない。宗教心を持たない者を欧米人は遅れていると見なす傾向がある。

・ 親頼みの期間が長く、自立するのが遅いため世間にもまれていない。この点も親離れが早い欧米とはうんと差がある

・ 島国で他民族とのかかわりが少なく、もまれていないせいか、ものの考え方が幼稚で独善的。

こうしたは意見はいずれもなるほどと思わせるものであり、部分的には当たっているところもあると思う。

しかし今一歩説得力に欠けるようでもある。

ここで少し角度を変えて、物理的な理由で分かりやすくこれを説明した意見があるので、最後にそれについて触れてみよう。

この意見は長期間アメリカ滞在して日本語と英語の違いについて研究したある女性研究者が自分の著書で発表しているものである。

それによると、日本の子供とアメリカの子供の言語習得のプロセスの違いは、日本の子供が小学校1年くらいでひらがなを習い始めるのに比べて、一般的にアメリカの子供が文字を読み始めるのは2〜3年遅いそうだ。

しかし、いったん文字の読みを覚えると、平均で11歳くらいになると、新聞とか大人が読む本がすらすら読めるようになるという。

これにくらべて日本の子供は、ひらがなやカタカナの読み始めは確かに早いのだが、それ以後の進歩に時間がかかり、アメリカの11歳の子供のように新聞や大人の本がすらすら読めるようになるには中学3年くらいまで勉強を続けなければいけない。

これは頭脳の差でなく、単に言語構造(量的な問題もあるが)の差がもたらす結果なのだ。

およそ、人間の精神年齢を形成する要素として活字ほど大きな役目を果たすものは他にない。

その活字(大人の読みもの)に接する時期および通算期間の差が大きいのだ。

小学校3〜4年で、もう普通の新聞が読めるアメリカの子供、中学3年くらいにならないと大人の読物には歯が立たない日本の子供、この点を無視して日米の精神年齢の差について論ずることは困難なのである。

では、こうしたプロセスに沿って形成された決定的な差に対して、この先少しでもそれを縮めていく方法を見つけることなど、不可能なのではないだろうか。

でも、まったくお手上げというもとでもない。

それは、日本の子供たちにできるだけ早く英語を習得させ、話し言葉としてそれを使って、精神年齢の進んだアメリカ人(アメリカ人だけに限らないが)にどんどん接することにより、できるだけ彼らのものの見方、考え方を知り、その長所を学び取ることだと思う。

これこそが当方にとっては屈辱的とも思える二者間の精神年齢の差を、少しでも縮めるための早道ではないだろうか。

以上がこの方の意見である。

今後この問題を考える上での大きなヒントになりそうだ。

                                     

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

アメリカとイギリス合計滞在歴6年ですが、ちょっと首をかしげますね。 how's your sex life? なんて聞く人はアメリカでも少ないです、ちょっとおかしいです。精神年齢と全く無関係でしょうし、筆者さんが女性で仲が良いのなら分かりますが、男性ならセクハラ確定です。

ただ精神成熟度が低いのは有りますね。

匿名 さんのコメント...

なんで性文化の違いを精神年齢に敷衍するんだよ
じゃあ日本は経験の早いDQNの方が精神年齢高いってことか?