2011年10月12日水曜日

難しい日本語 ・ わかりますか 「膨大」 「莫大」 「甚大」 「絶大」 「多大」の違い


「膨大」 「莫大」 「甚大」 「絶大」 「多大」  意味の違いは

「膨大」。 ふくれて大きくなること。
「国家予算が—する」「—な費用」

「莫大」。程度や数量が非常に大きいさま。
きわめて多いさま。
「被害は—だ」「—な財産」

「莫大な(膨大な)借金」のようにどちらも同じように
使えると思います。
「莫大」は「額」「量」など数量化できるものに、

「膨大」は「成果」「努力」「困難」などはっきり数量化
できないものにも使われると思いますね。


[使い方]

〔甚大〕(形動)▽環境に与える影響は甚大だ▽甚大な損害

〔膨大〕(形動)▽膨大な資料▽人権費は膨大になる

〔莫大〕(形動)▽新社屋の建築に莫大な費用をかける

〔絶大〕(形動)▽絶大な権力を握る▽絶大なるご支援

〔多大〕(形動)▽多大な恩恵を受ける


使い分け]

【1】「甚大」は、被害、損害など悪いことの程度がとても大きいさまを表わす。

【2】「膨大」は、内容や数量が膨れ上がるほど大きく、多いさまを表わす。「厖大」とも書く。

【3】「莫大」は、「これより大きいものは莫(な)い」の意味で、程度、数量が非常に大きいさまを表わ
す。

【4】「絶大」は、人気、信用、権力など人に備わったものの程度がとても大きいさまを表わす。

【5】「多大」は、数量に対しても用いるが、「多大な迷惑」「多大な援助」など抽象的な事柄の程度が大きいことをいう場合が多い。


  以上、インターネット国語辞典より

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ん?と引っかかって検索かけて、立ち寄りました。当初の私の引っかかりも氷解。各々、使い分けにも納得しました。ありがとうございます。ジュニ