2017年6月10日土曜日

地方のデパートがどれほど不況かはエントランスやトイレを見ればわかる

エントランスの前で野菜の安売りをやっている地方のデパート

このところ大都市の歴史ある百貨店が次々と閉店に追い込まれているように、デパート不況は今や誰もが認める隠しようのない事実です。

でも不況の中で、ぎりぎりのところで踏みとどまって、かろうじて営業を続けているところも少なくありません。

わが町にも二つの老舗デパートがあります。駅近で便利が良いのでたまに寄ることはありますが、いつ行っても地下の食品売り場以外客はまばらで、店員さんがひまを持て余しているのがよくわかります。

あまりの客の少なさに、「これでよくやっていけるなあ、店員の給料は払えるのだろうか」、とつまらぬ同情心が起こるほどです。

ひと昔前は、デパートと言えばサービス業の最先端であり、設備の豪華さだけでなく、高品質、ブランド力などを売り物にして、価格も一般の店よりは高めなのがウリでした。

しかし今ではそれが180度変わって、例え値段が安かろうが、生活に必要なものはなんでも売ろうという、スーパーのような店に変貌しています。

それをよくあらわすのが、格調のあるエントランスの前で野菜や果物の安売りまでやっていることです。なりふり構わずとはまさにこのことで、生き残りのためには体裁など気にしておられないのです。


駅前の老舗デパートなのにトイレは旧式

日本を訪れる外国人の多くが、街中にあるトイレがとてもきれいなことに驚くそうですが、それもそれもそうでしょう。

住民である私でさえ駅前のショッピングセンターなどに行くと、トイレがとてもきれいになっていることに感心してしまうからです。

内装がきれいなだけでなく、ほとんどが新式のウォッシュレットを備えており、快適な環境で用を足すことができます。

しかし、こうした傾向の中で例外があります。それは2軒の老舗のデパートです。

一般的にデパートは鉄道のターミナルに隣接した立地条件が良い場所にあるのが普通です。

この2軒とも駅近で、きわめて便利なロケーションにあります。にもかかわらず最近の客入りは惨憺たるものです。

上でも書きましたが、これでよく経営が成り立つものだ、同情心が起こるぐらいです。

どこから見ても、デパート不況真っ只中を青息吐息のでかろうじて踏ん張っている感があります。

それが良く表れているのが店内のトイレです。

前述したように、駅前の繁華街ともなるとショッピングセンターなど、ほとんど店はは新式トイレを備えています。

しかし同じ繁華街にあるのにデパートだけは例外で、いまだに旧式のトイレのままなのです。

性格がら真っ先に新式トイレを備えていいはずのデパートがいまだに旧式のフラッシュトイレのまま、とは驚きではありませんか。

でも考えてみるとデパートには各階にトイレがありますから、全館だと相当な数になります。


これらすべてを新式に換えるとなると費用も半端な額ではないでしょう。

今の地方デパートにはそれを負担するほどの余裕がないのです。

これでお分かりのように、客商売で大切なトイレの設備を取り換える余裕もないほど、今の地方デパートは深刻な不況にあるのです。

2017年6月1日木曜日

交際相手のいびきチェックは終わりましたか? ・ イビキで離婚するするカップルが少なくない

健全な結婚生活のために事前にテストしておくべきこと

ひと昔前は、いかに結婚を控えたカップルとはいえ、二人だけの婚前の同宿は控えることが常識でした。

つまり結婚を前のカップルとはいえ、結婚前の同宿は良しとされていなかったのです。

このため結婚式を挙げるまで一緒に一夜を過ごしたことのないカップルは少なくありませんでした。

その結果、同宿の経験がまったくないまま結婚生活に入っていったのです。

しかし、離婚率がかつてないほど増えてきた現在、その理由を探ってみると、婚前の同宿がなかったことが破綻の原因の一つなっていることを認めざるを得ません。


離婚の原因はいろいろですが、その一つに「性生活の不一致」という問題がありますが、これは婚前に当事者同士の性交渉の体験がなかったカップルに多いのではないでしょうか。

つまり婚前に性交渉がないままのまま結婚に入ったため、事前のテストがなされなかったゆえに起ったことと、と考えられるからです。

でもこの問題は本日テーマではありません。本日問題にするのは、交際相手の睡眠時のイビキです。

当たり前のことですがカップルが結婚すると、夜はいつも一緒に過ごします。

というか、昼間は仕事のために離れていることが多いカップルでも、夜になると必ずと言って良いほど一緒に過ごします。その夜の行動でもっとも時間を多く費やすのが睡眠です。

この睡眠の時間はたいていの場合夫婦一緒に過ごします。しかも一つの寝具で寄り添って過ごすことが多いのです。

いうまでもありませんが、睡眠には静けさが必要です。言い換えれば静けさがなけれは良い睡眠を得ることができません。



イビキが離婚原因になるという悲劇

一般的には誰もが睡眠時は静かな環境が必要と考えるのが普通ですが、この静けさを阻害するものがあります。それはイビキです。カップルの一人の方が発するイビキです。

イビキは寝息の一種ですから、程度の差こそあれ、ほとんどの人が無意識のうちに発します。

しかし多くの場合は相手の睡眠を阻害するほど大きな音ではなく、許される範囲の軽微なのものです。

とはいえ、そういう場合ばかりではなく、中には騒音としか捉えられないような、強烈な音を発する場合もあります。つまり、相手の安眠を阻害するほど大きな音をたてるのです。

それが毎夜続くとなると、完全に相手に対する安眠妨害となります。

こうなるともう寝室を伴にすることは不可能で、夫婦と言えども別室での就寝となります。

これが結婚間もないカップルに起ると悲劇の始まりです。

大切な夫婦としてのコミュニケーションも欠落してきて不仲が始まる原因になるかもしれません。

その結果、最悪の事態である離婚まで発展することもあるのです。






イビキが原因の離婚を避けるためにも婚前同宿が大切

いかに離婚が多い昨今とはいえ、その理由が一方のイビキとは冴えない話です。

でも当人たちにとっては深刻な問題で、逃れるには離婚しか選択肢がなかったのです。

でも本当に離婚以外に方法はなかったのでしょうか。

いいえ、決してそんなことはないはずです。結婚前に一夜を伴にして、イビキの有無を確認すればよかったのです。

それを婚前同宿は悪というような、古い倫理観にしばられて実行しなかったばかりに起ったことなのです。

結婚前の同宿体験は、性生活の不一致を避けるためだけではなく、夫婦の健全な睡眠時間を確保するためにも、ぜひとも必要なことなのです。