2017年8月2日水曜日

甲子園球場はなぜドームにしないのか?


ドーム球場
真夏の炎天下の高校球児を見て誰もが思うこと

「甲子園球場 ドーム化」でネット検索してみると、ドーム化を支持する人の方が反対する人に比べて圧倒的に多いようです。

この時期は夏の高校野球の季節ですから、ドーム化について考える人が特に多いようです。

猛暑の中、真昼の炎天下でプレーする球児を見ると、普通の人なら誰でも 「熱くて大変、選手たちがかわいそう」と思うのが人情です。

そして「せめて屋根の付いたドームでやれないのか」、と同情する人は多いはずです。

しかし一部の高校野球ファンには、ドームでやることを強く反対する人もいるのです。

その一例をあげれば


「夏の高校野球は、甲子園球場のドーム化や、開催時期を変えるなど、もう少し改善が必要」、という意見に対して、伝統とか青春という都合のいい言葉を使い現状維持を支持し

さらに「関係者がよく考えてのことだから外野が口出すな」と、感情的になって激しく反対するのです。

夏に野球するのもいい、暑さを我慢して何かに打ち込む姿も素晴らしい。でも熱中症で死者が出たらどうするのでしょうか。


高野連を中心とした関係者の対策が急がれる

しかしこの大きな問題に対して高野連や主催者の朝日新聞、あるいは文部省などはどう考えているのでしょうか。

今はひと昔前と比べてb気候が大きく変わり、夏の気温が大幅に上昇していることを考慮しているのでしょうか。

それとも熱中症による死者がまだ出ていないのをいいことに、現状で良しと判断しているのでしょうか。

テレビのお天気レポーターは連日、熱中症への注意を呼び掛けています。

でも「水分をこまめにとり冷房を適度に使いましょう」などと、屋内にいる人を対象にしたコメントが多く、建築現場の作業員や炎天下の高校球児などを気遣った発言はほとんど聞きません。

お天気レポーターはこうした人々の存在を忘れているのでしょうか。

テレビをはじめとした影響力の大きいメディアは、試合中継や記事を掲載するだけでなく、炎天下の高校球児に対しての対策を訴えかけなければいけません。

その対策の一つとして、NHKなどが中心になり真夏の高校野球についての討論会を開いたり、国民のアンケートをとってみてはどうでしょうか。

おそらく「改善すべき」という意見が圧倒的に多いのではないでしょうか。



0 件のコメント: